本店 : 〒669-2331 兵庫県篠山市二階町84 Tel079-552-2148

KIMONO-KAN : 〒669-1522 兵庫県三田市下田中42-1 Tel079-563-5341

草履バッグセット

  • TOP
  • 草履バッグセット

草履バッグセット紹介

草履バッグセット紹介

草履 バッグはお着物の必需品です。
礼装の場合は、着物の種類や出席される場所の格も大切です。 長い間履いていないお草履は、履いている途中で底が剥がれて困った、というお話はよく聞きます。 非日常だからこそ、事前に確認しておきたいものです。 最近のお草履はふと鼻緒で、指になじみが良く疲れにくい底も開発され楽に履いていただけます。
サイズも、LLサイズや幅広型、小判型というものもあります。 洋装の靴と違い、かかとが後ろに出るのが当たり前ですからサイズで神経質になられる必要はないと思います。 一般的に、かかとが高いものが正装です。
お草履単品もございます。

草履のサイズ紹介

草履のサイズ紹介

お草履と靴は全く違う履物です。このことはご認識ください。
特別大きい方(25.0cm以上)、特別小さい方(22.0cm以下)以外はMLフリーサイズで大丈夫です。
甲高は鼻緒で調節します。痛い草履は足にあっていないのでしょう。
履きなれることも大切です。買ったときに丁度良いものは緩んできます。緩んできたら、底のピンを抜いて、鼻緒を締めることができます。
自分でできないときは、履物屋さんにお願いしましょう。
底のゴムも時々替えて頂くといいと思います。1,000円くらいからです。
草履は底を見ると分かるのですが、靴のようにべったりと裏が付いていたりしません。ですから、下が濡れているとき、雨の日などは履くことができません。
底の部分に水がしみこんで駄目になってしまいます。カバーをかけて履きましょう。
カバーの付いた下駄でもおしゃれです。正装には不向きです。
古いものは革が硬くなっていることが有りますし、糊が剥がれ易くなっている事もあります。
お出かけ先で困らないために、前日までに確認しておきましょう